<body><script type="text/javascript"> function setAttributeOnload(object, attribute, val) { if(window.addEventListener) { window.addEventListener('load', function(){ object[attribute] = val; }, false); } else { window.attachEvent('onload', function(){ object[attribute] = val; }); } } </script> <div id="navbar-iframe-container"></div> <script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js"></script> <script type="text/javascript"> gapi.load("gapi.iframes:gapi.iframes.style.bubble", function() { if (gapi.iframes && gapi.iframes.getContext) { gapi.iframes.getContext().openChild({ url: 'https://www.blogger.com/navbar.g?targetBlogID\x3d6744359040055727835\x26blogName\x3dTomoakiMizuno+plusalpha\x26publishMode\x3dPUBLISH_MODE_BLOGSPOT\x26navbarType\x3dSILVER\x26layoutType\x3dCLASSIC\x26searchRoot\x3dhttp://tomoakimizuno.blogspot.com/search\x26blogLocale\x3dja\x26v\x3d2\x26homepageUrl\x3dhttp://tomoakimizuno.blogspot.com/\x26vt\x3d5662059980742056952', where: document.getElementById("navbar-iframe-container"), id: "navbar-iframe" }); } }); </script>

NEW YEAR'S EVE

31.12.08






今年は色々と人にお世話になった年でした。
人と関わって物を作る、人と関わって物事を成すのは、たいへん。
脳みそが二つ、三つになるわけだから。
けど、人と関わらない事には、真新しいドキドキする何かを味わえない。
一緒にやらないか?って言う瞬間からドキドキが始まってる。物が作りたい訳じゃない。

そんなドキドキが多い1年でした。
僕がみんなから刺激をもらえてるのは、パーソナリティみたいなものが
出来てきたからなのかなと、思える。スタンスとゆうか。

今年の目標は、「がむしゃら」でした。
仕事に対して、もう一つ前へ踏み込む為の目標。
色々と断らないことで、掛け持ちする大変さを実感しました。

来年の目標は、またのちほど。

竹光侍

29.12.08



最近、染色などで手を汚す。でもこの指先だけ青が移ってしまった汚れ方は好き。

んーイメージは本人の意識が管理してると思う、経験のイメージは大切だね。
すべては選んで伝えてる。いずれ無意識になる意識はかっこ良くありたい。

年末の出来事






24日。バスケットボール大会が行われ、子供のようにはしゃぎました。
翌2、3日は身体がほとんど動かなかった程、運動出来ました。

中上
かつらは母親からもらったエプロンを勢いよく自慢してきました。

中下
25日。テキスタイル 織専攻4年と院生とで、Xマスパーティーを
しました。卒制も近い事で、15分でささやかな幸せも終ってしまいました。

落ち葉を掃除する為には造形の清掃員は、どこでも行きます。THE  仕事人。

腕時計

21.12.08



無印良品の
自動巻き時計 公園の時計・リストウォッチ 黒
を買いました。
以前使っていたシルバータイプを紛失して、もう一度買い直そうと
思ったけれど、とっくに廃盤となった、色違いを見つけてしまいま
した。他の店舗でもなかなか見つからず、やっとこさで取り寄せて
、手に入れました。このシンプルで機能のみな格好がとても好き。

ずっと使っていこう。

FORM

20.12.08



形ってむずかしい。
服の場合、かっこいい事を2つの方法で攻めてると思える。

一つは身体を誇張させ、大袈裟に個性の魅力を引き立てる。
もう一つは関係ないフォルムから身体に関わらせ、その異素材が人の印象を強める。

後者の方がやっぱり僕は好きです。
異素材を組み合わせると、やっぱり違和感が生まれる。
けれど、その違和感こそ始まりだと思う。つまり、血を交える事で形容出来ない、
鋭いものに変化出来る。となると、その2つの配合の選択こそ、デザインの問われる
事じゃないかと思えてくる。
選択する感覚は、これからも自分を苦しめると思うけど、伝えたいものはそこんとこ
ろに固まってる気がする。

富士吉田市下吉田

11.12.08




山梨県へ、ヘルプのけんてぃと行ってきました。
目的は工場で布の加工をする為。
その織物会社の社長さんはとても気さくな方で、熱意を伝えれば、より良い
物へと一緒に動いて下さいます。今回、卒業制作の一部の制作をしてき
ました。試行錯誤を重ね、アイデアを磨き、納得した形に出来そうです。
お昼は前回も行った、新倉屋。
今までのうどんは何だったか分からなくなるほどおいしいんです。


そして何より、間近で観るフジヤマは気持ちいいものでした。

帰郷写真

8.12.08




3つ目の写真
電車で僕の1番好きな画です。

Toyota Municipal Museum of Art






7日、実家へ帰りました。
年末帰れない事等あって。

あまり見せてもあれなんで。
日中はほとんど光を点けず、自然光に任せ、作品を眺められる、そこが
豊田市美術館の醍醐味。
やっぱりこの美術館は穏やかな気持ちで過ごせる。

テキスタイル部屋から一歩

5.12.08



制作途中、部屋からは勿論もっぱら森林に囲まれた大学ですから、
部屋を飛び出すと紅葉が目に飛び込んでくる。日に日にもこもこと
赤みが増し、光が彩度を上げる。朽葉色のはずが、変化する力なの
か、妙な魅力を感じる。

部屋を暖めすぎるこの季節、外はひんやりと冷たく身が引き締まる
この感じは大好き。
季節みたいに思い切って変わってゆくものはかっこいい。
けど毎シーズン変わり目で身体を崩す。
自然には勝てませんよ。赤道行こかな。